■診察時間■

一般外来
月・火・水・金
9:00〜12:00
16:00〜19:00
木・土
9:00〜12:00
泌尿器科外来
月・水・金
9:00〜12:00
16:00〜19:00
木・土
9:00〜12:00
内科


  栄養:日本の家庭料理は世界一!!

ヒトの生体は60兆の細胞から出来ています。
一つひとつの細胞には日々血液が送り届けられ、代謝され生きています。
その血液の生成には原料となる質の良い空気、水、そして栄養が不可欠です。
栄養は自然の食材から主菜、副菜、主食を朝、昼、夕の毎日三回の食事で摂り、
細胞を豊かな栄養環境に整えておかねばなりません。

@ 主菜:タンパク質…生体そのものです。

血液、骨、目、皮膚、DNA、酵素、免疫グロブリン、ホルモン、必須アミノ酸…
生体すべての原料です。
一日三食でしっかり摂らなければなりません。
主菜食品は魚介、肉、豆(ピーナッツは除く)、卵、乳製品、の五つです。
タンバク質は一日に80c以上摂らなければなりません。
タンバク質は魚100c中に約16c、肉100c中に約16c、豆100c中に約13c、鶏卵1ケに約6c、牛乳100t中約3c。


A 副菜:ビタミン群・・・野菜、海草、茸そして朝の果物です。

副菜は生でも調理してもOK。いくら食べてもOK。
代謝の中で補酵素としてタンバク質を生成代謝吸収してくれます。
朝の果物は金!
しかしジュースや製品にはビタミンCは殆どありません。
また野菜だけのベジタリアンは病弱になります。
旬の野菜果物が栄養豊富です。
ビタミンCは活性酸素の害を防ぎ、ストレス、疲労をやわらげ、風邪を予防し回復させます。
肌にハリをもたせ、粘膜、骨を強くし、アレルギー反応を抑えます。


B 主食・・・炭水化物です。

穀類(ご飯、パン、そば、うどん、ラーメン・・・)
いも、スナック菓子類、甘いもの、アルコール、油脂類。
これらはカロリーが主で栄養成分は乏しいです。
ダイエットには夕食で主食を食べないだけで、栄養を落とさず、
3〜6ケ月でー5sは減量出来ます!(もちろん間食、夜食はダメです。)
とにかく残農薬や防腐剤、着色剤、甘味料等を含む既成食品やサプリメントではなく、
食品(素材)そのものを食べるのです。
旬の食品には栄養がタップリ含まれていて、それを美味しく食べるのが日本の家庭料理なのです。


最近、朝食を摂とらない人達が増えています。
ダメです!!
自分を守るのは自分です。限り有る人生です。
安心して生活を過ごしたいものです。


  運動について


ストレッチと筋トレです。
最近の若い人達には姿勢の悪さが目立ちます。
膝を曲げ前屈みで歩いている人が目立ちます。
胸を張って大股で歩かなければ、筋肉は付かず、若年寄りになってしまいます。
人間は腹筋、背筋で頭を高く上げてこそ、動物の頂点にいられるのです。
ちょっとした暇をみつけて、ヨガ系のストレッチをし、スクワットと大股でスイスイ動く。
まず日常生活で惜しまず身体(大筋肉)を動かしましょう。
気持ちがスガスガしくなります。
ちなみにウォーキングは散歩ではありません。歩くために歩く・・・。
大股で、急いで、大腿筋群を意識して歩くのです。
歩いた後でお尻が痛くなればOKです。ダイエットにはこの運動が必須です。


  こころ

フレンドシップと 希望
私は友人こそ人生の最高の財産であると確信しています。
誰もが独りでは生きられません。
インターネットや携帯メール上での友人? は“真の友”とはなりません。
お互いの顔(表情)を見て、良く話し合うことが必須です。
この繰り返しで自分を知り、自分らしくもなれるのです。
友人は自分の鏡なのです。
また人は思い込みがあり、なかなか発想の転換が出来ず、
難しく時を過ごしてしまいます。
友人や趣味はストレスを和らげてくれ、
自分の表情も穏やかになります。
信頼こそ心の源泉です。


ところで、かかりつけ医は医療のプロであり、患者さんのコーディネイターであり、
時にはセカンドオピニオンにもなり、何よりも友人でなければなりません。
患者さんの気持ちを知り、家庭の事情まで解らなければ
質の良い在宅医療は出来ません。

それ故に、かかりつけ医師自身も各分野の友達を持っていなければなりません。
診療しながら様々な窓口で判断をして、生きたサービスを実践しなければなりません。
この繰り返しが経験という医師の財産です。

どうぞ 何でも話せる、相性のいい医者の友人…かかりつけ医を持って下さい。


                                             2009年 春



|   ホーム  |  内科  |  泌尿器科  |  人工透析  |  Q & A  |  コラム  |  医院紹介  |  お問合わせ  |  リンク  |

斉藤内科泌尿器科医院

〒371-0037 群馬県前橋市上小出町2-42-5
TEL 027-231-1069
  E-MAIL info@saito-iin.com

このホームページは情報提供サービスを目的として作成されたものであり、宣伝・広告を目的としたものではありません。
お問い合わせ 斉藤内科泌尿器科医院紹介 コラム 質問と回答 人工透析 泌尿器科 内科